TOP
42.21score

JUN×はみぃ

スポンサーKataribe

美容に実はいい枝豆の美味しい食べ方

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


枝豆というとなんとなくビールのお供にいいイメージで、なかなか美容には結びつきにくいかと思います。
また調理法も大体は塩ゆででいただく方も多く、その食べ方に良いも悪いも考えたこともなかった人も少なくないかと思います。
しかしただ塩ゆでで食べるには実はもったいなかったんです。

そもそもお酒のお供に枝豆という組み合わせは良いのかというと、相性は抜群なんです。
枝豆にはビタミン類やカリウムが含まれているので、二日酔い予防の効果や、むくみ予防、高血圧予防の効果があります。
お酒のマイナス要素をカバーするような枝豆ですが、美容ということになるとさらに豊富な鉄分、オメガ3不飽和脂肪酸の存在も忘れてはいけません。

鉄分と言えば、貧血の改善に効果的です。
血液中の血の成分が増えれば活動的になり、代謝を促進することにつながります。
そのため血色がよくなったり、自分の好きなことに取り組むゆとりが生まれるので自分磨きも自然としたくなる方もいるかもしれません。

オメガ3不飽和脂肪酸は、血管の健康に効果的です。
動脈硬化や生活習慣病を予防するだけではなく、認知症の改善、脂肪や糖分の吸収抑制にも効果があるのでダイエットも期待できます。
さらに女性ホルモンの働きも助けるので、美肌効果もあるのです。

そんな枝豆は実は茹でてしまうと枝豆の中のビタミンが溶け出したり、茹ですぎることでオメガ3不飽和脂肪酸が熱で壊れるのであまりお勧めしません。
一番ベストなのは、フライパンで皮ごと焼くことです。
皮はどうせむくので焦げても問題はないので、中火でじっくり5分くらい焼くと枝豆の味も凝縮して美味しく仕上がります。

最後に身体にいいからと言って食べすぎはいけません。
枝豆にはプリン帯が多く含まれているので痛風の危険性があります。
何事もそこそこが良いのかもしれません。

美意識高い女子におすすめのコスメアイテムはこちら。 [PR]

.

最終更新日:2015-03-09 23:55

シェア本文内に広告が入る場合があります。不要な場合は削除して下さい。

コメント (0)