TOP
42.28score

JUN×はみぃ

スポンサーKataribe

怖い大人ほど優しかった思い出。

以前牛丼屋で深夜勤務をしていた時です。
深夜帯は二人で店を回していましたが、一人が休憩中だったためその時は私一人で店を切り盛りしていました。
深夜帯なので、夜のお仕事を終えた方の来店が結構続いた日でした。

深夜3時ごろ仕込みや物品補充をしていると、一見普通そうなにぎやかな男性4人組のグループが来店しました。
とりあえず牛丼だけの注文だったのですぐに提供し、再びキッチンに戻しました。
すると、全身にタトゥーの入った見た目が怖そうな男性4人組のグループが来店してきました。

さすがに私も「面倒が起る前に商品を提供して帰ってもらおう」と思い、気合いが入ります。
商品提供はシンプルに牛丼だけだったので、問題なくすぐに提供できてほっと一息つくとやはり事件は起こります。

先に来ていた男性4人組グループの一人が、後から来た男性のグループの人をチラチラ見始めました。
そして舌打ちが始まり、私は「水持ってきてよ。ちょっと俺たちと話してやすみなよ」と絡まれ始めたではありませんか。

「なんでこんな時に・・・」と一瞬自分の不運を嘆いたときです。
奥にいた見た目が怖そうな男性客の一人が、助けてくれました。

「店員さんは一人でまわしてんのがわかんねのか!」
結構な大声だったので別室で休憩していたもう一人の従業員も気づいたようでした。

後はしっかりお会計を済ませていただき、私はなんてことはありませんでした。
しかし見た目の怖い男性のお客さんが最初に来ていたグループに外に出るようにお願いしていたので、そこから先は私もよくわかりません。
さらに「店の中はねえちゃんに迷惑がかかるから、大丈夫だ」と最後の最後まで気を使っていただきました。

そのお客さんたちが店を出た後に、恐る恐るもう一人の従業員が顔をだしたので説明したら苦笑いされました。
それでも、見た目が怖い人ほど実は優しいのかもしれないと温かい気持ちになったのでした。

.

最終更新日:2015-01-24 19:38

コメント (0)